買い物合計額: 0円  
デンソーウェーブ CCDバーコードリーダー HC56TU(USB接続) ◆5台セット ▲戻る


価格 108,000円(税込)


注文数 セット  

デンソーウェーブ
CCDバーコードリーダー
HC56TU (USB接続) お得な5台セット

あらゆる用途に対応した小型・軽量スキャナー
環境にも配慮した「RoHS指令」対応モデルです。

バーコードリーダーのロングセラー「HC36II」の後継モデル
優れた読み取り性能 読み取り方式にはCCDによるタッチ読み取り方式を採用。
CODE128(EAN-128)やRSSコードの読み取りにも対応し、
POS、FA、物流、OAなどあらゆる用途に使用可能です。
大きな読み取り口(67mm)で標準料金代理収納用バーコードもらくらく読み取り
口径 67mmの大きな読み取り口で操作性が向上。
従来機比15%ダウンの超軽量・薄型ボディ 薄さ22mmの握りやすいグリップで
質量85gとさらなる軽量化を実現。長時間作業時の負担が軽減します。
コンパクトなのにタフなボディ、クラス最高の1.5m落下耐久を実現
簡単な設定変更 バーコードメニューにより、読み取りコードや通信条件など
スキャナの条件設定・変更が簡単に行えます。


インターフェイス:USB
>>メーカーホームページ







■よくあるお問い合わせ■
Q:初期設定はどうすればいいですか?
A:出荷時に一般的なバーコードは一通り読み取るように設定されていますので、 接続するだけで特に設定を変えなくても読み取りが可能です。 JANコード(市販の商品など)、Code39(社内伝票など)、NW-7(宅配伝票など)等がそのまま読み取れます。

Q:読み取ってもピッと音がするだけで画面に何も出てこない!
A:バーコードリーダーからの入力はキーボードからの入力と同じです。 WordやExcel、メモ帳など、キーボードで入力できるソフトウェアを開いてご利用ください。 カーソルのあるところにデータが入力されます。 Webブラウザの検索窓等にも同様に入力できます。

商品写真 ※クリックすると拡大画像を表示します

※モニタの設定等によって、写真の色が実物と異なって見える場合があります。
機能紹介
タッチ式CCDバーコードリーダーです。
タッチ式バーコードリーダーは、バーコードに近接させて読み取りを行います。
離しすぎると読み取りにくくなります。
※バーコードが小さい・細かい場合などは、特に近づける必要があります。

PCに接続すると、USBキーボードとして認識されます。 ドライバーも必要なく、接続すればすぐに使用できます。
初期設定で、JANコード(市販の商品等)、NW-7(宅配便の送り状等)、Code39、Code128(社内伝票等)などの読み取りが可能なので、特に設定を変更せずにそのままご利用いただけます。

■販売・在庫管理に■
商品番号をバーコード化したり、もともとついているJANコードを利用して販売管理ソフト等で管理すれば、入力作業も劇的に早くなります! 宅配伝票にもバーコードが付いていますので、出荷の管理も簡単です。 お客様への出荷連絡メールなどで、伝票番号を手打ちすることによるミスをなくし、大幅な時間の短縮になります!

■書籍の整理に■
書籍管理専用ソフトが多く配布されています。
うっかり同じ本を買ってしまう、ということもなくなります!
設定の変更について
バーコードリーダーの設定の変更は、付属の設定マニュアルに印刷されている設定用バーコードを読み取ることで行います。 バーコードの規格(JANコード・NW-7・ISBNといったバーコードの種類)ごとに読み取りを行う/行わない設定、読み取り桁数の設定等ができます。

また、読み取ったデータに簡単な編集を加える設定をすることもできます。(下欄参照) 変更した設定はバーコードリーダー本体に保存されるため、パソコンから取り外したり、パソコンの電源を切ったりしても、設定の内容が消えることはありません。 初期設定で一般的なバーコードは一通り読み取りできるようになっていますので、特殊な使い方をしない場合は、特に設定を変更する必要はありません。
インターフェイス:USB
パソコンのUSBポートに接続して使用します。
USBポートから電源を取りますので、別途アダプター等を接続する必要はありません。
バーコードリーダーで読み取ったデータは、パソコン側ではキーボードから入力されたものとして処理されるので、キーボードで入力のできるアプリケーション上にならどこにでも入力することができます。 たとえばExcelであれば、アクティブになっているセルに入力されます。 Word、メモ帳等であれば、カーソルがあるところです。 Webブラウザ上でも、キーボードで入力のできるテキストエリア(1行・複数)等に入力できます。

初期設定では、バーコードのデータが入力された後にEnterが入力されます。(改行コードと呼びます) Excelではアクティブセルが下に移動し、Wordやメモ帳等では改行されます。 この改行コードは設定を変更することでSpace・TAB等に変更できます。(改行コードをなしにすることもできます) また、読み取ったバーコードデータの前後に決まった文字・ファンクションキー(EnterやTABなど)を付加するように設定することもできます。
【例】データの前に「aa」、後に「bb」と付加するように設定した場合
123456 aa123456bb


詳細スペック
読み取り部 トリガスイッチ あり
読み取りコード EAN-13/-8、UPC-A/-E、UPC-D3、UPC/EANアドオン付き、 Interleaved 2 of 5、 Standard 2 of 5、NW7、CODE39、CODE93、 CODE128、GS1-128(EAN-128)、RSS(GS1 DataBar)
読み取り最大幅 65mm(左右マージンを含む)
PCS値 0.45以上
最小分解能 0.125mm
光源 LED(赤色)
読み取りセンサ CCD
読み取り確認 青色LED、ブザー
通信インターフェイス 方式 USB1.1
コネクタ USBコネクタAタイプ
ケーブル 2mストレートケーブル
電源 電源供給 接続先より供給
環境条件 耐落下強度 1.5m(コンクリート面)×30回
動作温度範囲 0〜40°C
使用湿度範囲 10〜90% RH(結露・結氷のないこと)
使用周囲照度 10000ルクス以下(昼光色蛍光灯)
質量(ケーブル除く) 約85g


各部寸法図


▲戻る