買い物合計額: 0円  
オプトエレクトロニクス  パスポートOCR対応 定置型スキャナー  M-10S(USB接続) ◆パスポート置台スタンド付 ▲戻る


価格 49,680円(税込)


注文数 個  



オプトエレクトロニクス 定置スキャナ
M-10S 【パスポートOCR対応モデル】

定置式で移動体を読み取る ハンズフリー オムニディレクショナルイメージャスキャナ
従来のスキャン性能のままにパスポートOCR読み取りを新たに対応

■従来のスキャン性能のままにパスポートOCR読取を新たに対応
■白色照明、グリーンエイミングを採用。 赤色背景模様にも対応
■専用スタンドで、かざすだけで安定した高速読取りが可能
■置台のスライドで、「船舶観光上陸許可書」添付のパスポートコピーも一折で読取可能
■手持ち、コピー、倍率上げ、背景に模様など様々な読み取りもサポート
■置台を外して、1次元/2次元バーコードの紙面・液晶画面読み取り対応


※この商品はお取り寄せ品となります。
メーカー在庫状況に準じて変動いたします。あくまで目安とお考えください。
お急ぎ、または正確な納期を確認されたいお客様につきましてはご注文前にお問い合わせください。
※お客様にご注文を頂き次第、メーカーへ発注いたします。
ご注文後のキャンセルまたは変更はお受け出来ません事を予めご了承ください。




白色照明
赤色背景模様にも対応します。



グリーンエイミングを採用
緑色シングルラインエイミングが物体検知 / 読み取り中に照射されるため、ターゲットをかざす位置が簡単に分かります。



置台を外して、1次元/2次元バーコードの紙面・液晶画面読み取り対応
ストレスを感じない圧倒的な読み取りスピード。
暗所や明るい環境下でも、通常と変わらない読み取りレスポンスを実現しました。
液晶画面に表示されたコードも軽快に読み取ります。



コンパクト・スタイリッシュな筐体
超小型サイズ、スタイリッシュなデザインを実現。
場所を選ばず、省スペースでの設置が可能です。
また、スキャナを前方に最大 60 度傾けられるため、多様な方法で読み取りを行うことができます。



読み取り編集機能
新規「データ編集プログラミング」機能により、複数の画像を利用して最大 16 コードの一括読み取りが可能になりました。
GS1 フォーマットなどの出力編集処理も容易に設定できます。



設定ツール
設定ツール 「Universal Menu Tool 2D」 が用意されており、導入が容易になります。



※ インターフェースおよびコマンドの詳細は「M-10 ユーザーズマニュアル」を参照してください。


型式(スキャナ本体) M-10S-USB
型式(スタンド) STD-M10S
インターフェイス USB 2.0 Full Speed 12 Mbps (HID/COM)、USB−A
動作電圧 4.5 〜 5.5 V
消費電流
(動作電圧 5V)
読取時: 420 mA (max)
待機時: 170 mA (typ)
光学部
読み取り光源 白色 LED × 2 個
エイミング光源 緑色 LED × 1 個
読み取り方式 CMOS エリアセンサ (モノクロ)
読み取り画素数 36 万画素 (752 × 480)
画像取得速度 60 fps (最速値)
フォーカス距離 65 mm
読取部
読み取りコード (1D) [1D code]
UPC-A, UPC-E, UPC-E1, UPC-A Add-on, UPC-E Add-on, EAN-13, EAN-8, EAN-13 Add-on/EAN-8 Add-on, JAN-8, JAN-13, Code 39, Tri-Optic, NW-7, Industrial 2 of 5, Interleaved 2 of 5, Code 93, Code 128, GS1-128, S-Code, MSI/Plessey, UK/Plessey, TELEPEN, Matrix 2 of 5, Chinese Post Matrix 2 of 5, IATA, Code 11
[Postal code]
Japanese Postal, Intelligent Mail Barcode, POSTNET, PLANET, Netherlands KIX Code, UK Postal, Australian Postal, Korean Postal Authority code
読み取りコード (GS1/Composite) GS1 DataBar, GS1 DataBar Limited, GS1 DataBar Expanded, Composite GS1-DataBar, Composite GS1-128, Composite EAN/UPC
読み取りコード (2D) PDF417, MicroPDF417, Codablock F, QR Code, MicroQR Code, Data Matrix (ECC 200), MaxiCode (Modes 2 to 5), Aztec Code, Chinese-sensible code
ピッチ角度 ±50°
スキュー角度 ±50°
チルト角度 ±360°
OCR読み取り ICAO Machine Readable Travel documents (5種類) (深度110mm) 読取可能
ISBNコード (日本書籍コード)
湾曲面読み取り R ≧ 16 mm (Codabar 10 桁)、R ≧ 20 mm (UPC 12 桁)
最小 PCS 値 0.3 以上、反射率差 (MRD) 32% 以上
最小分解能
(PCS 0.9 の場合)
0.127 mm (Code 39)、0.169 mm (GS1 Databar Limited、GS1 Databar Limited Composite、PDF417)、0.212 mm (QR Code、Data Matrix)
インジケータ ステータス LED, ブザー
画像データ形式 BMP、JPEG
画像出力範囲 設定可能
画像出力解像度 設定可能
画像転送時間 約 3 秒 (USB-COM)
物理仕様
外形寸法 76.0 x 70.0 x 139.5 mm (WDH)
質量 約 250 g (ケーブルを除く)
ケーブル長さ 約 2.1 m
パスポート用スタンド STD-M10S 付属

注意事項

漢字出力について
漢字を含む複数バイト文字は、単純なキーの入力では実現することができないため、特殊な方法を利用する必要があります。本スキャナは、2つの漢字出力モード(1)/(2)を備え、環境に合わせて使い分けることができます。

モード(1)は、支援ツール「MOST」が必要ですが、文字コードにかかわらず出力することができます。使用環境で多様な文字コードのラベルや出力先アプリケーションを使う場合にはモード(1)を推奨します。

モード(2)は、設定のみで漢字を出力することができます。ただし、ラベルと出力先アプリケーションの文字コードが完全に一致している必要があります。例えばシフトJIS で作られたラベルを読み取った場合、シフトJIS を採用するメモ帳には出力可能ですが、Unicode を採用するMS Word では正しく出力されません。

漢字出力モード(1) 比較項目 漢字出力モード(2)
必要 支援ツール「MOST」 不必要
ラベルと出力先アプリケーションで
異なってもよい
文字コード ラベルと出力先アプリケーションで
一致する必要がある


※ HID の特性上、環境に強く依存します。
  いずれの設定でも必ず出力される訳ではございませんので、ご了承ください。

※ 出力先アプリケーションが複雑な処理を行う場合、処理速度の問題で文字落ちが発生しやすくなります。
  キャラクタ間ディレイをお試しください。







▲戻る