■店舗トップページ ■お買いものカゴ ■会社概要 ■ご購入案内 ■送料・手数料 ■お問い合わせ
■各種POS用品からサーマルロール紙 ・ ラベルロール紙などの消耗品も取り扱っております。
 人気キーワード: バーコードリーダー |  ファイバースコープ |  ラベルプリンター |  レシートプリンター |  感熱ロール紙 |  サーマルラベル |  キャッシュドロア |  無線式バーコードリーダー |  磁気カードリーダー |  ブラザー サーマルラベル |  BL-80-30 |  BL2-58 |  楽天スマートペイプリンター対応 感熱ロール紙


バーコードリーダーなら激安・格安POS用品エフケイシステム




 お役立ちリンク


当サイトは、128ビットSSL暗号化技術を採用することで入力された情報を高レベルのセキュリティで保護しています。

が定休日です。
休業日にいただいたお問い合わせは翌営業日にご返答いたします。ご注文は年中無休で受け付けております。

■FAQ


トップページへ戻る

●目次●

困ったときは(設定)





困ったときは(ハードウェアに関するもの)




バーコードリーダー接続方法

・キーボード(PS/2)接続
・キーボード(PS/2)接続(ノートPC)
・USB接続
・RS232C接続

PRP-085 サーマルレシートプリンター設定
 キャッシュドロワのオープン方法(PRP-085ドライバー)
 キャッシュドロワのオープン方法(EPSON Advanced Printer Driver)

カスタマーディスプレイで文字を表示するには

シリアル変換ケーブルのドライバーインストール方法

CCDとレーザーの違い

バーコード用語集

Windows Vistaへの対応状況

 mark 困ったときは(設定)


・自動読み取り設定(トリガーボタンを押さない)にしたい
■TSKシリーズ・CCD-7000・TS-4500シリーズ・LAG-960シリーズ
マニュアルP13 グループ5:スキャンモードの設定


設定開始 → 5:連続読み取り/常時オン → 設定終了 の順でスキャンします。

■Z-3010・Z-3000・Z-3021・Z-3051
マニュアルP8 スキャン機能設定
設定開始 → オートスキャンモード → 設定終了 の順でスキャンします。

<バーコードリーダーを点滅させる設定>※TSKシリーズ・CCD-7000・TS-4500シリーズ・LAG-960シリーズ
マニュアルP14 グループ5:スキャンモードの設定
設定開始 → フラッシュオン → 設定終了 の順でスキャンします。
・書籍のISBNコードを読みたい
■TSKシリーズ・CCD-7000・TS-4500シリーズ・LAG-960シリーズ
マニュアルP35 グループ16:ISBN読み込みの設定

設定開始 → 有効 → 設定終了 の順でスキャンします。

■Z-3010・Z-3000・Z-3021・Z-3051
マニュアルP23 UPC/EAN/JAN
設定開始 → JANをISBN/ISSNに変換 有効 → 設定終了 の順でスキャンします。

※ISBNを13桁で読み取る場合は、これらの設定は不要です。
・新雑誌コード(アドオン5桁)を読みたい
■TSKシリーズ・CCD-7000・TS-4500シリーズ・LAG-960シリーズ
マニュアルP31 グループ16-1:JAN-13/EAN-13の設定

設定開始 → アドオン2/5桁 有効 → 設定終了 の順でスキャンします。
>>こちらをプリントアウトして設定してください。

■Z-3010・Z-3000・Z-3021・Z-3051
マニュアルP24 UPC/EAN/JAN(続き)
設定開始 → アドオン2または5桁 → 設定終了 の順でスキャンします。
>>こちらをプリントアウトして設定してください。
・バーコードの最後の一文字を消したい
■TSKシリーズ・CCD-7000・TS-4500シリーズ・LAG-960シリーズ
マニュアルP15 グループ6:数字または文字を付加する設定

設定開始 → ポスタンブル →
→ P45 16進数テーブル
0 → 8 → 設定確認 →
→ P15 設定終了 の順でスキャンします。

■Z-3010・Z-3000・Z-3021・Z-3051
マニュアルP27 トレーラーとヘッダー
設定開始 → トレーラー(ポスタンブル)の文字をカット →
P29 フルアスキーCode39テーブル 0 → 1 →
P27 設定変更を保存 → 設定終了 の順でスキャンします。
>>こちらをプリントアウトして設定してください。
・JANコードの先頭のゼロが読み込まれない
■TSKシリーズ・CCD-7000・TS-4500シリーズ・LAG-960シリーズ
マニュアルP32 グループ16-2:UPC-Aの設定

設定開始 → JAN-13先頭のゼロを読み込む 有効 → 設定終了 の順でスキャンします。
>>こちらをプリントアウトして設定してください。

■Z-3010・Z-3051
マニュアルP24 UPC/EAN/JAN(続き)
設定開始 → UPC-AをJAN-13フォーマットに変換 → 設定終了 の順でスキャンします。
■Z-3021・Z-3000 ※バージョンによってはZ-3010・Z-3051と同じ手順で設定できます。
マニュアルP24 UPC/EAN/JAN(続き)
設定開始 → JAN-13カントリーコードの最初に0を送れる → 設定終了 の順でスキャンします。
>>こちらをプリントアウトして設定してください。
・符号文字(/・=・_・@等)が正しく表示されない
■TSKシリーズ・CCD-7000・TS-4500シリーズ・LAG-960シリーズ
マニュアルP10 グループ3:キーボードインターフェイス言語の設定

設定開始 → 日本 → 設定終了 の順でスキャンします。
>>こちらをプリントアウトして設定してください。

■Z-3010・Z-3000・Z-3021・Z-3051
マニュアルP13・14 キーボードウェッジ設定/USBインターフェイス設定
設定開始 → キーボード言語---日本語 → 設定終了 の順でスキャンします。
>>こちらをプリントアウトして設定してください。
・改行を変更したい
■TSKシリーズ・CCD-7000・TS-4500シリーズ・LAG-960シリーズ
マニュアルP11 グループ4:改行コードの設定
初期設定では【Enter】が入力されます。
設定開始 → (任意の改行コード) → 設定終了 の順でスキャンします。
>>こちらをプリントアウトして設定してください。

■Z-3010・Z-3000・Z-3021・Z-3051
マニュアルP13・14 改行コード
設定開始 → (任意の改行コード) → 設定終了 の順でスキャンします。
>>こちらをプリントアウトして設定してください。
・エクセルで正しく表示できない(・・E+12と表示される)
エクセルのデータ入力設定によるものです。
1.「EXCEL」のツールバーから「書式(O)」>「セル(E)」を選択して開きます。
またはセルを右クリックして「セルの書式設定」を開きます。
2.ダイアログ「セルの書式設定」のタブ「書式設定」のリストから「文字列」を選択して「OK」をクリックします。
3.書式設定を行ったセルでバーコード入力すると、データ通りに表示されます。
設定を行ったセルのみに反映されます。
他のセルにもバーコード入力する場合はドラッグして設定セルを拡張してください。
・音量(ビープ音)を小さくしたい
■TSKシリーズ・CCD-7000・TS-4500シリーズ・LAG-960シリーズ
マニュアルP36 グループ17:その他の設定

設定開始 → ブザー音調 →
→ P45 16進数テーブル
(例) 0 → 5 → 設定確認 →
(初期設定が21なので、それよりも小さい数で任意の二桁をスキャンしてください)
→ P36 設定終了 の順でスキャンします。
>>こちらをプリントアウトして設定してください。

■Z-3051

マニュアルP9 ビープ音設定
設定開始 → ボリューム小 → 設定終了 の順でスキャンします。
>>こちらをプリントアウトして設定してください。
・Windows98(SE)でドライバーを要求される
Windowsドライバーインストール画面では「次へ」~「次へ」~ と進めて終了させてください。
自動でドライバーがインストールされます。
また、これでインストールできない場合は検索場所の指定で「C:\WINDOWS\INF」と指定します。
(通常はこの場所にドライバーがインストールされていますが、無い場合はWindowsの CD-ROMをご用意ください)
・途中の桁が抜けたり、後半の桁が抜けたりする
入力が速すぎることが考えられます。
■TSKシリーズ・CCD-7000・TS-4500シリーズ・LAG-960シリーズ
マニュアルP8 グループ2:文字間遅延

設定開始 → キーボード設定開始またはRS232C設定開始 →
→ P45 16進数テーブル

(例) 1 → 0 → 設定確認 →
(初期設定はキーボードが05、RS232Cが00なので、それよりも大きい数で任意の二桁をスキャンしてください)
→ P8 設定終了 の順でスキャンします。

■Z-3010・Z-3000・Z-3021・Z-3051
マニュアルP9 文字間遅延
設定開始 → 10(20・50)msec → 設定終了 の順でスキャンします。
・チェックキャラクターを送らない設定にしたい(JAN-13)
初期設定では送る設定になっています。
■TSKシリーズ・CCD-7000・TS-4500シリーズ・LAG-960シリーズ
マニュアルP31 グループ16-1:JAN-13/EAN-13の設定
設定開始 → チェックキャラクターの送り設定 無効 → 設定終了の順でスキャンします。
>>こちらをプリントアウトして設定してください。

■Z-3010・Z-3000・Z-3021・Z-3051
マニュアルP36 UPC/EAN/JAN(続き)
設定開始 → JAN-13チェックデジットの送り 無効 → 設定終了 の順でスキャンします。
>>こちらをプリントアウトして設定してください。
・6桁以下のNW-7を読みたい(Z-3010・3000・3021・3051)
マニュアルP16 CODABAR/NW7パラメーター設定
設定開始 → CODABAR/NW 7最小桁数設定 →
P29 フルアスキーCode39テーブル 0 → *(読ませたい最小の桁数:3桁なら3など)→ 
P16 設定変更を保存(桁数の設定) →  設定終了の順でスキャンします。
>>こちらをプリントアウトして設定してください。
・運送会社の伝票のNW-7が読みとれない(Z-3051)
こちらのPDFをダウンロードし、プリントアウトしてスキャンしてください。
・ITFの読み取り桁数を設定したい
■TSKシリーズ・CCD-7000・TS-4500シリーズ・LAG960シリーズ
マニュアルP21 グループ9-1:インターリーブド2オブ5
設定開始 → バーコード長の定義(5段目)→
P45 「(最小桁数2桁)(最大桁数2桁)」の4桁を16進数で読み込む
例:最小1桁・最大12桁に設定したい場合「0」「1」「0」「c」
12桁のみ読み取りたい場合「0」「c」「0」「c」
→ 設定確認 →
P21  設定終了の順でスキャンします。
>>こちらをプリントアウトして設定してください。

■Z-3010・Z-3000・Z-3021・Z-3051
マニュアルP22 ITF2of5
設定開始 → ITF2of5最大/最小桁数設定 →

P29 フルアスキーCode39テーブル 任意の桁数を読み込む(2桁:「0」「2」など) →
P23 設定変更を保存(桁数の設定) → 設定終了の順でスキャンします。
>>こちらをプリントアウトして設定してください。
・定置式バーコードリーダーZ-6070およびA-50M(共にRS232C)PC側からのシリアル通信での制御について
Z-6070およびA-50Mはシリアル通信によって制御することが可能です。
制御が可能なものは以下のとおりです。
1. スキャンを有効
送信データ(ASCII Code)・・・「0E」 Hex
2. スキャンを無効
送信データ(ASCII Code)・・・「0F」 Hex
3. スリープ設定(但し、近接センサーにより物体を認識すると自動で解除されます)
送信データ(ASCII Code)・・・「12」 Hex
4. スリープを解除
送信データ(ASCII Code)・・・「14」 Hex
5. 再初期化
送信データ(ASCII Code)・・・「05」 Hex
・キーボードのCaps LockのON/OFFの影響を受けないようにしたい
※パソコンによっては正常に設定できない場合があります。
■TSKシリーズ・CCD-7000・TS-4500シリーズ・LAG960シリーズ
マニュアルP36 グループ17:その他の設定
設定開始 → ALTモード → 設定終了

■Z-3010・Z-3000・Z-3021・Z-3051
マニュアルP14 USBインターフェイス設定
設定開始 → 国際キーボードモード(ALT method) → 設定終了
・本体の設定内容はどのくらいの期間保存されますか?
基本的には永久に保存されますが、静電気、ノイズ、サージ電流等によって設定が書き変わることがまれにあります。

ペアリングの方法がわからない(KC3200ZB)※出荷時にはペアリングを行なっております。

①スキャナのトリガーをビープ音がするまで10秒以上押し続けます
②音が連続して鳴り出したら10回以上トリガーを連打します
③音が鳴り続けている間に受信機のボタンを10秒以上押し続けます
④LEDが光った瞬間にボタンを10回以上連打します
⑤音が鳴り続けている間に点滅が始まると終了です。
ピピピと音が鳴れば成功です

 mark 困ったときは(ハードウェアに関するもの)


・読み込みが不安定
1.マニュアルP4 設定の初期化 をスキャンしてください。
2.USB接続の場合は使用するUSBポートを変えてお試しください。
3.USBハブをご使用の場合は直接PCと接続してお試しください。
4.バーコードの印刷状態が悪い場合は読み込みが著しく悪くなります。
5.実際に読み取るコードのみ読み取り可能にして、その他のコードを読み取りできない設定にすると読み取り速度が上がります。
・バーコードが読めない
【1】読み取り操作を確認してください。
CCD-TSKシリーズをはじめとするタッチ式CCDスキャナーはバーコードから20mm以上離すと読み取れません。
ロングレンジCCD/レーザースキャナは接触させすぎると読み取れません。適度な距離をとって操作してください。
ペン型スキャナーは、バーコードの幅ぎりぎりではなく、前後に余裕を持たせるようにしてスキャンしてください。

市販のものに印刷されたバーコードが問題なく読める場合は次の問題が考えられます。
1.印刷精度が悪く読めない(コードににじみ・ムラ等がないかご確認ください)
2.バーコードリーダーの性能の限界
非常に微細なコード(マイクロバーコード)は読めない場合があります。
ドットインパクトプリンターで印刷されたバーコードは不明瞭なことが多く、読めない場合があります。
3.バーコードの印刷色・下地の色による問題
印刷色によっては読み取りにくい場合があります。(青や赤や緑等)
バーコードの両脇に黒い枠線などがあると、読み取りにくい場合があります。

【2】 バーコードリーダーがPCで認識されていない可能性があります。
デバイスマネージャでバーコードリーダーが認識されているか確認してください。
WindowsXP
「スタート」→「マイコンピュータ」を右クリック→「プロパティ」→「ハードウェア」タブ→「デバイスマネージャ」
Windows7
「スタート」→「コンピューター」を右クリック→「管理」 →「デバイスマネージャ」

正しく接続されていると、「キーボード」の中に「HIDキーボードデバイス」として表示されます。※USB接続の場合
(USBキーボード等が接続されていると、「HIDキーボードデバイス」が2つ以上表示されていることもあります)
表示されていない場合・「!」が表示されている場合は正しく認識できていません。
以下の方法をお試しください。
1.USBハブに接続されている場合は、直接PCのUSBポートに接続してご確認ください。
2 PCに直接接続していた場合は、別のポートに接続しなおしてご確認ください。
3.PCにバーコードリーダーのみ接続して(他のUSB接続のデバイスを取り外す)PCを再起動してご確認ください。
・ノートパソコンで正常に動作しない
キーボード(PS/2)接続のバーコードリーダーはノートパソコンのPS/2ポートではそのまま使用することができません。
別売のキーボードエミュレーターを使用するか、保守用USBケーブルに交換してUSB接続でお使いください。
・パソコンが立ち上がらない(またはフリーズする)
TSK-KP(キーボード接続)モデルで一部パソコンの機種によって不具合の症状が報告されています。
パソコンとキーボードの通信規格に合わないため発生します。
USB接続へ変更してください。
・キャッシュドロワのオープンテスト(RS232C接続の場合)
コマンドプロンプトを開き、「echo > com*」(「>」の前後にはスペース。*は接続しているCOMポートの番号)と入力してEnterを押すと、キャッシュドロワが開きます。
・1台のパソコンで複数台接続可能ですか?
可能です。ただし、電源供給不足になる可能性があるのでACアダプタが必要になる場合があります。
また、パソコン側ではどのバーコードリーダーからの入力かの区別はされないため、同時に入力するとデータが混ざってしまいます。バーコードリーダーごとに別の文字を付加する等の設定で区別することができます。
・macで動作しますか?
市販のUSBキーボードが動作する環境であれば問題ないかと思われますが、動作はサポート外です。
・USB2.0に対応していますか?
動作しますが、USB1.1ですので2.0に接続しても1.1の速度となります。
・市販のレジスターにバーコードリーダーを接続して使用できますか?
動作検証は行っておりません。
・RS232C接続の場合、コネクタの形は同じでも独自の通信を行っている可能性があるので動作しない場合があります。
・USB接続の場合、市販のUSBキーボードを接続して動作する環境であれば動作すると思われます。
手動式キャッシュドロアのベル音を消したい。
ベル音は、キャッシュドロア、トレイのフックを外すことでならなくすることが可能です。
cashbell.pdfcashbell.pdf.pdf(PDFファイル0.5MB)
※自己責任でお願い致します。


 mark バーコードリーダー接続方法

    ◆キーボード(PS/2)接続タイプ
PS/2

    ◆キーボード(PS/2)接続タイプ(ノートPC)
PS/2_note

    ◆USB接続タイプ
USB

    ◆RS232C接続タイプ
RS232C

 mark PRP-085 サーマルレシートプリンター設定

    http://www.fksystem.com/download/PRP085EN%20V1.0T.exe

    こちらよりダウンロードしてください。


    ロール用紙設定(オートカッター使用時)
pri2

 ・キャッシュドロワのオープン方法(PRP-085用ドライバー)
  1. PRP-085ドライバーのプロパティから「全般」タブの「印刷設定」をクリックします。

pri3
  2. 「詳細設定」をクリックし、「ドキュメントのオプション」→「メディア」」で「Cash Drawer #1 After Printing」を選択します。
pri4
pri5

 ・キャッシュドロワのオープン方法(EPSON Advanced Printer Driver)
  1.EPSON TM-T88Ⅲ Receiptのプロパティの「全般」タブ→「印刷設定」をクリックし、「オペレーション」タブを選択します。

draw1

draw2
  2. 「Start of Document」「Start of Page」「End of Page」を下図のように設定します。

draw3 ・コマンドの送信:チェックなし
・ドロワーオープン:開かない(コマンドを送らない)
・カット位置まで紙送りする:チェックなし
・マニュアルカット

  3. 「End of Document」を下図のように設定します。
draw4 ・コマンドの送信:チェックなし
・ドロワーオープン:ドロワーオープン1
・カット位置まで紙送りする:チェック
・部分カット

 mark シリアル変換ケーブルのドライバーインストール方法

付属のCDをPCに挿入し、USB Version V1.1フォルダ→USB To Serial Cable(DB-9M.DB-25)Prolific Chipフォルダ→Driverフォルダ→Windowsフォルダの中からOSに対応した実行ファイルをダブルクリックすると、インストーラが起動します。
そのまま>「Next」をクリックすれば、インストールが完了します。
再起動するかどうかを聞かれるので、「Yes」あるいは「No」にチェックを入れて「Finish」をクリックします。

 mark CCDとレーザーの違い     
    ・CCD
ccd
赤い光が広い範囲で出ます。
・レーザー
razor
一本の光が出ます。

    読み取り性能に関しては、レーザーの方が若干優れています。

■バーコード用語集


トップページへ戻る